最近の結婚事情

最近の結婚事情

バブル時の結婚式と言えば、それは派手な結婚式でした。そのため結婚式にかける費用もかなりの金額でした。しかし、バブルが弾けた今ではそんなに派手な結婚式を挙げる人の方が少なくなりました。

 

不景気と言われている現代では、その経済状況が結婚式にも影響しているのです。ジミ婚やスマ婚という言葉を聞いたことがある人も多いのでは無いでしょうか。

 

今まではジミ婚やスマ婚という言葉さえ存在しなかったのに、今では結婚式のスタイルの主流はジミ婚やスマ婚なのです。今までの派手な結婚式を派手婚と呼び、その逆に派手な結婚式ではなく規模も小さい地味な結婚式をジミ婚と呼び、そしてスマートな結婚式を略してスマ婚と呼びます。

 

ジミ婚やスマ婚は今までの派手な結婚式に係る費用の約半分の値段で出来ると言う事もあって、不景気の今では人気のスタイルです。でも、どのような仕組みで安く結婚式を挙げることが可能になったのでしょうか。

 

結婚式のプロデュースをする会社は基本的に独自の結婚式場を持っていることが多いのですが、安く挙げるためには独自の結婚式を持たずに、結婚式の予約が入っていない提携しているホテルやレストランを手配するのです。

 

そのため、結婚式場を管理するための管理費や維持費などがかかりませんので、その分安く結婚式を挙げることができると言う仕組みになっているのです。また、花の飾りの数を減らしたりすることで費用を抑えたりすることもあるのです。華やかなイメージがある結婚式ですが、景気が大きく反映しているため不景気だと地味な結婚式が人気になるのです。

更新履歴