時代とともに変化するさまざまな価値観

時代とともに変化するさまざまな価値観

昭和の初めや戦後に比べると、近年の結婚事情は大きく変わってきています。現在は個人の価値観が重視される時代なので「比較的結婚や性に対して自由」「個人の生き方を尊重」するという風潮が中心になってきています。

 

若い方も、結婚ということを重視せず「自分の生き方にあった幸せ」とは何なのか、ということを前提に考えるようになってきています。

 

このあたりの価値観が結婚にも影響しており、一つには「晩婚化」などに表れています。結婚すると一定の自由が奪われてしまう、というデメリットを避けたい、ということもあり、なかなか結婚を決断しない、結婚することにそれほど重きを置いていない、という価値観が多くなってきたようです。

 

また、女性も仕事など社会に進出するようになってきたため、現在のキャリアを捨てて結婚して家庭に入る、ということをよしとしない方も増えてきていることに一因があります。
また、結婚に対してはかなり自由な価値観が多くなってきていますので、比較的自分の希望をかなえやすい時代になってきています。

 

どういう暮らしや生活が良いのか、ということを考えれば、色々と結婚までの準備で方向性を選びやすいため、ある程度、具体的に「こういう風に結婚をしたい」という方針を決めることが可能です。
 
自分に合った方法で、どういう結婚生活が良いのか、という方向性を明確に決めておけば、準備にも間違いがありませんし、具体的に結婚するためのプロセスも示すことが出来ますので、ご自身の結婚の向けた計画性を明確にしておくことをお勧めします。