女性の社会進出

女性の社会進出

女性の社会進出や地位向上も結婚を難しくしている理由の一つです。
いまだ、男性の方が給与や出世などの面で女性よりも優遇されている一面はありますが、かつてのように「女性だから」ということで、職場でも疎外感を受けることや、仕事で差別されることも少なくなってきました。

 

また、法律的にも「男女雇用機会均等法」などが設けられているように、女性の社会進出が一般的になってきたことも、女性が社会でキャリアを築き、働くことが出来るようになってきたことと比例して、結婚のことを考えるようになってきています。

 

結婚を前提として考える場合には、どうしても準備しなければならないことも多く、仕事をしている女性の場合には今まで積み上げた「キャリア」を失うことにもなってしまうこともあり、結婚を見合わせてしまう、というケースも決して少なくないようです。
そのようになってしまうと、結婚するチャンスを損なってしまう結果になってしまうことも決して少なくありません。

 

結婚への意識は、女性が社会に進出するようになって、「晩婚化」へのつながるようになってしまいました。このような時代においては、なかなか結婚のための準備やタイミングを計ることは難しくなってしまい、結婚や出産を希望する女性も全体的に少なくなってきています。
また、男女間の収入の格差が縮まってきたことも、女性の自立を進める結果になっており、結婚をする機会を先延ばしや自立したままの生活でいることを希望する方が多くなっている要因になっています。